Re:campus life 〜アラフォーからの大学生活〜

2017年4月から中央大学法学部通信課程に在籍中です。

2017/4/15導入教育A

とっても緊張したが、この大学生活を始めるにあたっては中大通教の先輩方のブログを片っ端から読みました。

 

ツイッターもたくさんフォローしました。

 

おかげでわからないながらも履修の仕方や学習の上で大変なことをたくさん教えていただきました。

 

卒業された方が

 

「導入教育は受けたほうが良い」

 

とおっしゃっていたので、まずは学生生活になれなければということもあり、思い切って受講しました。

 

本日の先生は竹内幸哉先生。

 

アクティブラーニングと言われる、参加型の授業とスクラッチリーディングという特殊な文章の読み方を推進している先生です。

 

めちゃくちゃに緊張してしまい、朝から体調が悪くて死んでおりましたが、先生が物腰柔らかくいわゆるイケボ(イケメンボイス)でしたのでかなり耳触りよく授業を受けることができました。

 

アクティブラーニングで1日中グループワーク(しかも1つのディスカッションが終わると班がえがあるので気が抜けないのです)で、眠気が全くこない、緊張感が続く授業でした。一方的に聴く授業だったら集中力が持続しなかったかもしれません。

 

しかもスクラッチリーディングはかなり頭に入ります。ただの読書と全然違って要点が頭にすいすい入る感じです。これは良いことを習いました。

 

授業での題材は主に人工知能についてでしたが、現在とても議論が活発ですし、様々な研究開発が絶え間なくされている分野ですので、自分のこれからのキャリアデザインもふまえて考えさせられる資料でした。

 

 

 

2017/4/10やっと一段落

英語Aの教科書を泣きながら(?)翻訳にとりかかること十数日・・・

 

課題の翻訳部分がなんとか形になりました。

 

4月に入ってから、1日数個の現場掛け持ち。

 

テレビ出演や雑誌取材を受けたり、締め切り前の執筆なんかもあり、メディア活動をたくさんしていて、家に帰ったらバタンキューで、4月はほとんど勉強の時間をとれていませんでした。

 

そんな中、Myはくもんから申し込みしていた4月15,16日の導入教育A,Bの選抜が通り、とうとう初めて授業を受けることが確定しました。

 

選抜のOKが出ると振込用紙が届きます。お金を支払ってまた数日待つと、受験票が届きました!

 

結局、翻訳したり本を読んだりたくさんしているのにレポートという形にするのにとても時間を使います。

 

ちなみに翻訳できてもレポート用紙に書くまでが一気にいけない・・・

 

やすみやすみやってしまいます。

 

3月下旬に特殊講義2のレポート、ほぼほぼできていたのにこちらもレポート清書だけをしていなかったので、一緒にまとめて出したいなと思います。

 

 

 

 

 

2017/3/28図書館へ行く&本を買う

今日は図書館へ行ってきました。

 

憲法の教科書をさらっと読んで見て、レポートを書くためのさらなる参考文献を借りようと思いました。

 

私の自宅からは、歩いて10分以内に、新宿区中央図書館と、新宿区下落合図書館があります。

 

新宿区中央図書館はやはり大きいというか、いろんなものが置いてあります。明治通り沿いなのでアクセスも楽です。

 

対して下落合図書館はこじんまりしているものの、今月オープンしたばかりの綺麗な建物です。

 

閲覧だけしに行ったのは中央図書館でしたが、せっかくだったのでオープンしたての下落合図書館へ行ってみました。

 

借りたのは2冊。

 

今回は参考書になりそうな掘り下げた文献というよりは、広くいろんな方の学説を読んで見たかったので基本書ばかりを借りました。

 

ちなみにですが・・・

 

図書館の検索で、自分の書籍があるわけないと思いつつエゴサーチ

 

なんと・・・ある・・・!

 

しかも現在貸出中と、貸出予約ありとのこと。結構読まれているのですね。

 

それから帰宅してamazonでぽちっとな。ぽちっとしたのは特殊講義2での推薦参考図書にされていた2冊。

 

4月1日にレポートを投函するのが目標だったのに、どんどん遅れていく・・・

 

2月から動き始めて教科書が早く到着しても、予習になんてなりませんね〜

 

 

2017/3/26英語からいってみたものの

こんばんは。

 

前回の通り、法律は全く初学者なのでリベルスなどを何度読んでもレポートの組み立てに全く自信がありません。

 

教科書や参考書を読んで学習を深めてからレポートへうつるべきだと判断し、その間に教養科目ひとつでもレポートを作成して自信をつけたいと英語の教科書を開きました・・・

 

私は10代で単身で海外に移り住んでお仕事をしていました。もちろん就労ビザもきちんととりました。

 

ビザをくださいという交渉も自分でしましたし、契約書も自分で読んで、なんなら契約内容に訂正も出したくらいにして・・・

 

なのにあの時話していたのは何語だったのでしょう笑 英語Aの教科書を開いたらひとつもわかりません!

 

話題が話題なだけに専門用語もたくさんありますが、私はまず

 

「ねぇ、もっと短い分でピリオドついても良いでしょう?」

 

という感想です。

 

一文が3行4行5行・・・と続くと、もう何が何を修飾しているのか全くわかりません。

 

そしてある程度の熟語や連語は教科書にあるとしても、ひとつひとつの単語が日常生活で使わないもの(私は)が多く感じられ、どんどん自信が失われていきました。

 

そんなわけで辞書を引いているのですが、英語学習指導書にも辞書を丁寧に引くということが載っていたことを思い出してしまったため、自分が元々知っているはずの単語ももしかして違うんじゃないかと思い始め・・・とても簡単な単語ですら辞書を引いてしまう始末。

 

学校の勉強は本当に苦手なおバカなんだなぁと思うとともに、すっからかんなら真剣に取り組めば知識が入ってくれるのではという淡い期待を抱いたりしています。

 

それにしても強制的に授業に参加するのと違って、やはり一人できちんと学習の時間をとるということと、それを継続することは難しいですね。

 

私は毎日少しでも良いから時間をとって教科書や参考書を読むようにしています。平均して一日3時間でしょうか。

 

昨日今日と派手に風邪を引き、頑張ってミーティングには行けたものの、帰宅してから本格的にせきとくしゃみがひどく頭が回らないので明日明後日はお仕事のお休みを取りました。この休み中に体調が戻ればしっかり遅れを取り戻すべく勉強したいと思います。

 

それから先輩方のブログを読んで履修の参考などにさせていただいたり、各種SNSで先輩との交流ができて参考書を教えていただいたりはできますが、レポートに関しては完全自力。合っているかどうかもわかりません。英語ももちろんそうで、課題部分の和訳だけしようと思っても、前からの話題の流れがつかめていないと僕には難しいと思ったので、ド頭から訳しています。要領よく、とかズルをする、ということは難しく、真剣に取り組まないと試験はおろかレポートすら危ういのです。

 

私は法律の資格がとれるようになったら良いなと考えているので、大学に入って卒業するだけが目的ではありませんから、やっぱり良い成績をとりたいししっかり勉強したい。

 

そういう意味で、中央通教は自分にあっているなと改めて思いました。きちんとやって結果を出せるようにしたいです。

 

単位がとれるとかレポートが書けるとか、卒業できるとか、は、別の話ですが、ひとまず学習をする習慣が身についてきたというお話でした。

2017/3/16年間計画を立てました。

 

おはようございます。すっかりご無沙汰しておりました。

 

あのあと、引っ越しなどが重なりちょっとPCをいじる環境があまりありませんでした。長文になるのでスマホで書く元気がなく・・・

 

教科書第二弾と白門が届き、いよいよ具体的に学習に入る・・・

 

ことになりましたが、まずは年間で予定を立ててからレポートを開始しないとぐちゃぐちゃになりそうでした。

 

そこで一般教養から始めるべきか、法律科目から始めるべきかと悩みました。

 

体験入学でお話をされた先輩は一般教養から始められたようですが、他にSNSをパトロールしたり、自分自身もつぶやいてみたりして情報収集して、自分でも考えてみました。

 

法学部に入ったなら毎日少しでも法律科目に触れたほうが良いと考えました。

 

しかし法律科目でのレポートは全くはじめてで簡単に合格できない気もするため、レポート合格を目指しながら、その間のスクーリングやテストは実際の試験や単位をとることの自信につなげようと得意そうな一般教養科目で行ってみようと思います。

 

一旦レポートは法律科目が憲法と、一般教養科目は英語、それから今興味のあるジェンダー問題を扱う特殊講義2から行こうと思いました。

 

その後の試験やスクーリングの年間内容を確認して、エクセルで予定表を作りました。

 

実際に教科書や参考書を読むのにどれくらい時間がかかるのか、レポート作成もどれくらいなのか、全くよめませんので予定は都度変わると思いますが、ひとまずは、予定表という形にしました。

 

先輩方に教えていただいた参考書籍を読みつつ、

 

「で、これをどうまとめれば良いの?もう呼んだそばからわすれた・・・」

 

みたいな状態ではありますが、とにもかくにも学習をスタートしたのであります。

 

2017/2/26教科書届きました!

履修届、なんとか出しました。

 

生まれてはじめての体育を選択し

 

年間のスクーリングの予定にもなんとか合わせるようにして。

 

そうすると1週間ほどで教科書の一部が届きました!

 

レポート用紙もどっさり来ましたが、とても凝った作りでどのようにしたら良いのかよくわかりません・・・

 

書き方や形式自体もわからないのですが、少なくとも体験入学で拝見した卒業生の方のレポートは普通の書き出しではなかったということだけわかります・・・

 

ひとまずは、学習に必要と思われる六法と英語辞書を購入しなければいけないようです。法律科目で必要な参考書類は図書館へ行くか、購入するかですがたくさんのご意見があるので、整理して早めに入手したいと思います。

 

2017/2/15英語の勉強


最近はレポート作法など読み漁っています。

 

3月にとある大使館でパーティがあり、久しぶりの英会話なのでリハビリ的に英語の勉強もしています。

 

毎日続けないと、勉強というものは本当に身につかないものですね。

 

Steve Jobs氏の2005年のスタンフォード大でのスピーチを聴いたりして、感動していました。

もうひと昔も前にこんな考え方だなんて、この方といい、1999年にインターネットの将来を語って宇宙人扱いされていたDavid Bowie氏といい、やっぱり何か、もう次元が違うんだなぁーと、感心もするけどその後平凡な自分にもがっかりしたりします。

 

親友が「うーん、ていうか普通の人は、そんなすごい人と自分を比べない。比べるだけ向上心があるってことじゃないかな。印税で飯を食うって、充分すごいことだよ」

 

と言ってくれて、少しだけ救われた気がしました。